HOME > スポーツ障害の治療法 > 症状一覧

症状一覧

筋肉痛について

原因のイメージ 原因

筋肉痛の主な原因は、筋肉が縮む法とは逆にのばされることで起きます。
筋肉を縮む際に力が発揮される際にはほとんど筋肉痛は起きないです。

治療法

通常は、筋肉痛は自然と解消されます。

痛みを和らげるためには、安静にしておく・お風呂で筋肉を温めることや、軽い運動・ストレッチなどが効果があります。

クールダウン

運動後のクールダウンは、筋肉痛防止・疲労回復の効果があります。

肉離れ

肉離れのイメージ 原因

強い筋収縮によって筋肉の部分断裂が起こります。
起きる要因は、筋肉の疲労やウォーミングアップの不足などがあります。

治療法

一般的に、ケガのあとはRICEに則った処置を行い、落ちついてきたらリハビリを行います。治療法には薬物や電気刺激・温熱療法などがあります。
期間としては、軽症で数週間、重症は数か月間をかかる場合があります。

捻挫

捻挫のイメージ 原因

捻挫は、手首などの関節に過度の力が加わり、関節が限界以上に曲って靱帯が傷つくことで起こります。特にサッカーなどが捻挫になりやすいです。

治療法

アイシングと安静することが効果的です。安静期間は1~3週間ぐらいかかります。後遺症の原因になる可能あるので、しっかりと安静しておくのが一番の治療法です。

打撲

打撲のイメージ 原因

打撲は打ち身と言われるように、身体を強く打ちつけることで起こる症状です。打撲は、特にラグビーどの球技や格闘技等が多いです。強い打撲はひどい内出血が起こり、筋肉に溜った血が骨になり、手術をすることもあり、軽くみない方がいいです。

治療法

・打撲箇所を冷やす。
・傷がある場合、患部を洗い消毒し冷やす。
・痛みや腫れが止れば、温湿布などで温めます。
・痛みが引かない際は病院へ行ったほういいです。
・頭を打った際は頭を高くし寝かせます。

突き指

突き指のイメージ 原因

突き指は球技で起こりやすいです。
ボールを指先で捉えたり、転倒などで地面に指先をつけることが原因としてあります。

治療法

突き指をした指を引っ張ると治るなどは迷信です。引っ張ることで脱臼などさらに悪化する危険性があります。

突き指したら、まずは冷やし、腫れを抑え、骨折などの可能性もあるのでを固定してください。

脱臼

脱臼のイメージ 原因

脱臼は、相手とぶつかる激しいスポーツに多く起こります。
特に柔道やラグビーは脱臼が多いです。
脱臼は相手とぶつかるだけでなく、自分の力でも起こることがあります。

治療法

脱臼は早く元に戻す事が重要で、遅くとも8時間以内には行うべきです。遅れると、全身麻酔の手術することもあります。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアのイメージ 原因

老化などが原因で骨や筋肉が弱くなり、椎骨と椎骨の間の組織が潰され、椎間板が背中側にはみ出し起こります。
スポーツ障害としては、テニスやゴルフなどで起こりやすいです。

治療法

椎間板ヘルニアは、自然に治る場合が多く、保存療法が多いです。
症状が重い際は手術などが必要な場合もあります。ウォーキングや水泳などの軽い運動が効果あります。

ジャンパー膝

ジャンパー膝のイメージ 原因

ジャンパー膝はジャンプの多用を原因で起こります。ジャンプは、飛び上がる瞬間と着地した際、膝に強い衝撃がかかります。ジャンプを繰り返すことで、腱の損傷が起こります。

治療法

ジャンパー膝は放置すると腱の断裂など起こる為早いうちに対処する必要があります。運動後冷やすことで痛みを抑えてください。
単に安静だけでは効果があまりないです。
治療と練習を行うのが効果的です。

野球肘

野球肘のイメージ 原因

無理な投球フォームに原因があると考えられます。肘にかかる負担が大きいのが原因です。

治療法

電気治療や温熱治療などがあります。柔軟性を高めることも効果的です。根本的な解決は、いい投球フォームを改善することです。

テニス肘

テニス肘のイメージ 原因

手関節などに負担がかかり、筋の変性などがおこります。

治療法

安静が大事です。患部の冷やすことで、炎症を抑えるのも大事です。

シンスプリント(頚骨疲労性骨膜炎)

シンスプリント(頚骨疲労性骨膜炎)のイメージ 原因

・悪いランニングフォーム
・足に合わないシューズ
・コンクリートでのトレーニング
・筋肉の酷使
・筋力・柔軟性不足

治療法

長期間の安静が大事です。安静中はスイミングなどでコンディションをキープするのがいいです。長期間の安静でコンディションできていないと練習を再開した際に痛みが起こる場合があるためです。

疲労骨折

疲労骨折のイメージ 原因

同じ骨に何度も負荷が加わり、骨などが損傷したら起こります。

治療法

負荷を与えず、自然に治します。疲労骨折は、薬物や手術はほぼありません。

お問い合わせバナー